クラニオセイクラル(頭蓋骨仙骨療法)・内臓マニュピレーション・タッチフォーヘルス・音叉療法・カラーセラピー
バランスボディ 千駄木の整体院

健康維持のポイント

政府による緊急事態宣言後、

多くの方が自宅で過ごす時間が増えている事でしょう。

 

・外出自粛で週末もほぼ自宅で過ごし、体を動かす機会が減った

・テレワークなどで一日中、家から出ない

・時差通勤などで生活リズムが狂っている

・休校、外出控えによる学生の運動不足

・テレビやネットニュースをずっと見ていて憂鬱になる

など。

 

どれも健康状態を悪化させる可能性があります。

このような状況下での健康維持のポイントをまとめてみました。

 

①運動

人間の体は動かす事、活動する事が基本です。

じっとし続ける設計ではない。

運動不足になると筋力の低下のみならず、

生理機能の低下も招きます。

 

自粛ムードになって以降、

運動不足になっている方が増えた印象です。

 

ご自宅でできるセルフエクササイズを

いくつかご指導させて頂いてきたと思います。

 

チベット体操、腰痛体操、肩甲骨のストレッチ、

背骨のストレッチ、クロスクロール、

スワイショウ、ロングブレス、

腹式呼吸、鼻腔の呼吸、顔・頭部のマッサージ、

肘湯、かっさを使ったマッサージ、、、など

 

どれか一つでも思い出してやってみて下さい。

 

②食べ物

ジャンクフードは避けて、

体に良いものを食べましょう。

 

活動量が低下しやすい現状では、

炭水化物(糖質)をセーブしましょう。

 

炭水化物(米、パン、麺などいわゆる主食)を減らして

満足できない場合は、おかずの量を増やしましょう。

タンパク質、脂質でおなかを膨らませた方が太りにくいです。

 

生理機能を良好な状態で維持するために、

ビタミンやミネラルを豊富に含む

新鮮な野菜を多めに摂るようにしましょう。

 

還元くんやケプリ、まこも、クロレラなどを

お持ちの方は、積極的に使わせて頂きましょう。

特に還元くんはコスパもいいので、毎日飲むようにして下さい。

 

③生活習慣

なるべく決まった時間に起きて、

日光を浴びるようにしましょう。

夜は神経を刺激するものは避けて、

眠りの質を上げましょう。

心配事はとりあえず横に置いて、

ゆっくり呼吸しながら眠りに就くと良いです。

 

★頭の疲れを取る

おでこに手を当てて、鼻腔の呼吸

 

★内臓の疲れを取る

お腹に手を当てて、腹式呼吸

 

まとめ

運動、食べ物、生活習慣。

いずれも、いつもお話しさせて頂いている事です。

個々の健康維持のポイントは、

平時も有事もあまり変わらないという事ですね。

 

但し、地域によっては既にウイルスが

感染拡大しており、平時よりも意識して

良好な健康状態を維持する必要があるでしょう。

 

参考にしてみて下さい。

 

もう一つ

これは有事に限ったポイントかもしれませんが、

患者さんの話を聞いていて思った事です。

 

(情報収集にあたり)

テレビやネットニュースを見すぎない。

 

特に精神力が弱い(不安になりやすい、心配を抱えやすい、イライラしやすい)人は

気を付けましょう。

 

必要な情報は内閣府や各自治体のホームページで確認できます。

一般会社員や主婦であれば、

チェックするポイントはそれほど多くないと思います。

知りたい事を明確にしてからググりましょう。

 

個人的には(情報収集において)NHKも見なくて問題ないと思います。

公共放送と定義されていますが、

国家予算も付いており、ほぼ国営放送です。

プロパガンダの垂れ流しですので、

内閣府のホームページで十分でしょう。

 

おまけ

癒し系(?)動画を載せておきます。

両生類と爬虫類の進化の狭間に置かれた不思議な生物