クラニオセイクラル(頭蓋骨仙骨療法)・内臓マニュピレーション・タッチフォーヘルス・音叉療法・カラーセラピー
バランスボディ 千駄木の整体院

目標達成のために知っておきたい事 No.4無敵のマウス

今回は、前回の【No.3パブロフの犬】の続きです。

長くなりそうだったので分割しました。

 

ドーパミン・報酬系が生物の行動に

どのように影響するのか、もう少し見ていきましょう。

 

高圧電流をモノともしないマウス

アメリカの科学者による動物実験です。

【1953年 ジェームズ・オールズ&ピーター・ミルナー】

 

脳の報酬回路に電極を付けたマウスに二つのレバーを押させます。

交互に押す度に電極へ電氣が流れて、

マウスの報酬回路を刺激します。

 

刺激を得るルールを学習したマウスは、

狂ったように二つのレバーを行き来して、

くたびれて動けなくなるまでレバーを押し続けました。

 

食べ物が手に入るわけでもないのに、

エネルギーを使い切るまで動き続けたわけです。

この時に猫に襲われたらどうするのでしょう。

無益な上に、生命をリスクに晒す行動です。

 

さらに、

 

この二つのレバーの間に高圧電流が流れる金網を設置します。

触れるとバチッとなって衝撃と高温に襲われるやつです。

 

マウスはどのような行動を選択すると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、

 

 

バチバチする電流をモノともせず、二つのレバーを往復し、

足が焼けて動けなくなるまでレバーを押し続けたそうです。

 

脳に電氣刺激を与えただけで、

プロレスラー顔負けの無敵のマウスになったのです。

 

【補足】

その後、二人の科学者は、

報酬回路をより精密に調べて、

腹側被蓋野、側坐核、中隔、視床、視床下部…etcに

順番に電極を付けて実験を行なっています。

 

(この実験は、単にマウスがレバーを押すと電極へ電氣が流れる)

 

電氣を流す部位によってレバーを押す頻度に

かなりバラつきがあったようですが、

最大で1時間に7000回もレバーを押し続けました。

 

また、報酬系への刺激に夢中になっているマウスに

食べ物や水や発情期のメスを与えても、

全く興味を示さずに無視したと言います。

 

まとめ

何かのニュースで、

”数十時間ぶっ続けでゲームをやっていた人が死亡した”

というのを見た事があります。

 

その方の脳内では何が起こっていたのだろう。

 

マウスの実験は非現実的なものだろうか。

マウスが実験で経験した脳への刺激は現実では起こり得ないのか。

 

マウスとヒトでは全く異なるとは、言い切れそうもありません。

 

報酬系への刺激はドーパミンを産生させます。

ドーパミンの量は少なすぎれば無気力になりますが、

過剰になれば、まともに思考が働かなくなり、

実験のマウスのように特定の物事に狂います。

ヒドければ依存症になってしまいます。

 

そして、消費喚起が利益に繋がる現代社会では、

報酬系への刺激はあらゆる場面に応用されています。

 

ご注意を。

 

次回→5/1アップロード予定。

 

【報酬を期待させる様々なもの】

心理的報酬期待

・SNS

「更新されてるかも」「メッセージ来てるかも」「新しい情報があるかも」

・ゲーム

「次のレベルに行ったらもっと楽しいかも」

「クリアした時の氣持ちよさをもう一度」

・ギャンブル

「もし当たったら…」「次の1000円で当たるかも」

・無料〇〇

「タダでできる(もらえる)なんて」「浮いたお金で何かできるぞ」

・性的な広告、シンボル

 

物質による報酬系への刺激

酒、タバコ、清涼飲料水やジャンクフードに使われる化学物質、

覚醒剤や一部の精神病薬等