クラニオセイクラル(頭蓋骨仙骨療法)・内臓マニュピレーション・タッチフォーヘルス・音叉療法・カラーセラピー
バランスボディ 千駄木の整体・治療院

クロレラ

環境汚染が進む現代の頼りになる味方クロレラ

健康食品シリーズ第二弾

 

太古から存在する微生物(藻類)

クロレラはおよそ20億年前から地球上に存在していた事がわかっています。

その頃からほぼ姿を変えずに生き延びてきた藻の仲間。

通常、生物の細胞は二分裂しながら増えますが、

クロレラは四分裂ずつ増殖する、とても生命力の強い微生物です。

 

豊富な栄養素 植物のご先祖

ビタミン・ミネラルなどの微量栄養素、また葉緑素を多く含み、水中で育つ野菜のようです。

緑色植物のご先祖とも言われています。

魚類のえさとなるプランクトンの重要な栄養源になっています。

 

注目すべき働き ①重金属の排出

クロレラを摂取する事でカドミウムやダイオキシンなどの重金属の排出が促される、という研究データが取れています。

重金属とは

化学工場やゴミの焼却施設の排水・排煙、火力発電(石炭)、電気製品の不法投棄などにより、

私たちを取り巻く環境に大量発生し、水や空気・食べ物を通して、体内に蓄積する物質です。

蓄積量が過剰になると有害になり、とくに脳や中枢神経に悪影響を及ぼします。

(水俣病やイタイイタイ病などで問題になりました)

脳の発達障害や自閉症の増加とも関係している、という研究者もいます。


 

この重金属の体内への侵入を完全に防ぐことはできませんので、

この作用は現代人にとって、たいへん貴重です。

クロレラをおすすめする一番の理由です。

 

注目すべき働き ②造血作用の促進

血液成分の元となる造血幹細胞が増えるそうです。

造血幹細胞→赤血球や白血球、リンパ球、マクロファージなどに分化する細胞

新しい血液を作り出し、免疫機能の増進も促してくれます。

 

おすすめのメーカー

クロレラブームは最盛期を過ぎましたが、市場は根強く残っており、

クロレラを使った商品はたくさん出回っています。

 

いくつかの理由で、ある老舗メーカーがいちばん良さそうです。

とにかくクロレラの研究開発・発展に力を入れている企業です。

クロレラを使った農産用の有機肥料や、水産用の優良な飼料なども作り、

人体だけでなく、環境浄化も考えているようです。

マーケティングや情報の拡散、販促に尽力する会社が多い中、硬派な印象が好感を持てます。

 

個人の見解ですので、ご興味ある方はご来院の際に直接お尋ねください。